親の介護から生じる大きな問題に、介助・看護サイドが受ける心理的な圧迫を指摘する方が多くいます。中でも自宅でのケアの場合、全く気を緩められなくなり、自分の為に使える時間をとれないのもストレスになるのです。介助と看護関係のポータルサイトや掲示版などを通して、介助・看護経験を有する人に話を聞くことも有効です。たとえ見ず知らずの方だとしても、同じストレスに苛まれた人なら沢山助言を貰えるでしょう。ですから、外の世界との交流は非常に重要です。介助・看護に関する困りごとを感じても即座にプロですとか介助・看護施設から助言がもらえない場合、ともかくWeb上で情報を調べるやり方も実用的ではないでしょうか。貴方が心的疲労に負けてしまわないうちに自発的にアクションに移して、すっきりさせましょう。